ランドセル価格相場を比較するとイオンとニトリはどっちが安いのでしょうか?その他に激安・格安ランドセルってどこで売っているの?当サイトでは価格比較や人気ランキングを紹介しています。

ランドセル価格相場@イオンとニトリはどっちが安い?

ランドセルは価格が安いものを選ぶノ

イオンランドセル売り場

ランドセルの種類はたくさんありますし、価格もピンからキリまであります。

色やデザインなどに特にこだわりがない人であれば、できるだけ低価格のものを選びたいという人も多いようです。

そういった時は、ホームセンターやショッピングセンターなどで販売されている既製品のランドセルを購入するのもいいでしょう。

安いものはカラーバリエーションは少なく、おしゃれなステッチなどがないことも多いです。

しかし、6年間使うための修理保証もついていて、きちんと教科書の収納などもできることがほとんどなので機能的には問題ないでしょう。

また、定番のスタイルのものが多いので、飽きがこないまま使い続けることができるといった点でも優れているでしょう。

 

ニトリの6年間を考えたランドセル


ニトリこどもが小学校を通う6年間を考えたニトリのランドセルは、全品6年品質保証の魅力的商品です。

わんぱくシリーズの名称であるニトリのランドセルは、生地の素材開発を常に実施し、細部に亘るまでの品質の検査を徹底します。

こどもにとって、使いやすい機能性をもったランドセルを提供し、さらに重要な安全性を追求します。

ニトリは、型崩れしないがっちりしたハコ型構造を用意し、ワンタッチでオートロックするスマートで超薄型の錠前を提供します。

ランドセルにはキズに強く丈夫で軽い素材を使用し、最適な位置で方のラインにフィットする背カンにより、子どもの成長や動きに合わせた構造です。

ニトリは、収納面も工夫しA4フラットファイルも入るたっぷり収納できる構造のランドセルを考察し、便利な中まちやポケット収納も用意します。

さらにニトリは反射材を装備し、また給食袋などが引っ張られた場合即外れる機能をもち、安全面を重視します。

 

イオンのランドセルの価格について


イオンかるすぽランドセルの価格は平均4万前後ですが、メーカーや材質などで大きく変動します。

人気ブランドメーカーのものや職人の手作りのもの、素材に牛革を使ったものなどは、5万から10万程度かかります。

イオンのランドセルの平均価格は、2万から5万以内です。

イオンなどの量販店のランドセル価格は、百貨店で購入するよりも安いです。

イオンのよいところは、6年間の保証がつき、アフターサービスもしっかりしている点です。

この保証は、小学校に入学から卒業までの期間中にランドセルの不具合が出た場合、無償で修理を行ってくれるものです。

修理中は、代わりのランドセルを貸与してくれます。

イオンのものが優れているのは価格面だけでなく、さまざまなカラーを選択できるところです。

カラー数は、定番の赤や黒はもちろんのこと、ラベンダーやピンクなどパステルカラーも幅広く取り揃えています。